OSSEC v2.9.0 でApacheアクセスログのPort番号を解釈するデコーダを定義する

2017年2月9日にOSSECのバージョン2.9.0がリリースされました。

v2.9.0ではIPv6がサポートされ、IPアドレスを解釈するデコーダの定義が更新されています。
以前の記事で、クライアントのPort番号をApacheのアクセスログに出力する場合のデコーダ定義について書きましたが、このような場合、v2.9.0ではどのようにデコーダを定義すればよいか調べてみました。

本記事で対象とするOSSEC、ApacheとOSのバージョンは以下のとおりです。

OSSEC: 2.9.0
Apache: 2.4
OS: Ubuntu 14.04

Continue reading →

OSSECで同じIPアドレス+Port番号からの連続POSTを検知する

前回の記事では同じIPアドレスからの連続POSTを検知するOSSECのルール定義について書きました。今回は同じIPアドレスに加えて、同じPort番号からの連続POSTを検知する場合について書こうと思います。OSSECの監視対象ログはApacheのアクセスログとします。

OSSEC、ApacheとOSのバージョンは以下のとおりです。

OSSEC: 2.8.3
Apache: 2.4
OS: Ubuntu 14.04

Continue reading →

Material Design for Bootstrap V4 の CSS をカスタマイズする

Material Design for Bootstrap は、Googleのマテリアルデザインの概念を取り入れた Bootstrap のテーマで、Bootstrap でマテリアルデザインのデザインや操作感を実現することができます。Bootstrap の豊富なコンポーネントに加えてマテリアルデザインを使用できるので、Bootstrap に慣れたユーザは特に便利に使えそうです。

Material Design for Bootstrap は、 現在の Bootstrap(V3)向けの開発と並行して、Bootstrap の次期バージョン(V4)と互換性のある Material Design for Bootstrap V4 の開発が進められています。

Material Design for Bootstrap V4 の CSS を一部カスタマイズしてWebアプリケーションに使用する機会がありましたので、CSSのカスタマイズ方法を備忘録として本記事にまとめます。

Continue reading →

[Android]ClockworkMod Recoveryで/data以下の任意のファイルをリストアする

Androidのカーネルをいじる機会があり、カスタムカーネルのバックアップやリストアにClockworkMod Recovery(Touch Recovery 6.0.3.1)を便利に使わせてもらっています。

ClockworkMod Recoveryのバックアップ(create image zip)では、/data以下のファイルがバックアップされません。
そこで、ClockworkMod Recoveryで取ったバックアップに/data以下の任意のファイルを追加し、ClockworkMod Recoveryでリストア可能にした「復元セット」を作ってみました。

Continue reading →