北京オリンピック

北京オリンピックは見ていますか?

水泳では世界新記録が続々更新されたり、陸上の男子100m競争でも
世界新記録が更新されたりと熱戦が繰り広げられていますね。
日本選手も水泳、柔道、レスリング、体操など様々な競技で健闘しています。

そんな日本選手の活躍も目に焼き付いていますが、
それ以上に涙せずにはいられない場面があります。

それは自分の実力を出しきれずに敗れてしまった選手、
怪我等で出場すらできなかった選手を見聞きした時です。
精神力が弱い、体調管理ができていないと言ってしまえばそれまでですが、
出場している選手のほとんどはオリンピックが自分にとって一番の大会で、
オリンピックに向けてずっと練習してきたことを思うと
なんともいえない気分になってしまいます。
女子110m障害のスウェーデンの選手が1台目のハードルで転倒し、
その場でうずくまってしまった場面を見ている時は本当に涙が出そうになりました。

こんな感じで北京オリンピックを見ていますが、
ビットラボ大きさ実感!ドームくんを北京オリンピック仕様に若干変更したので
興味があれば見てやってください。

大きさ実感!ドームくんは、自分で選んだ場所に東京ドーム等のランドマークの
面積を重ね合わせて表示することができる「スケール実感地図」で、
身近な場所と比較して面積の広さを実感することができます。
これに北京オリンピックスタジアムの面積(約69729㎡)を加え、
初期表示位置を北京オリンピックスタジアムの
緯度経度(39.99104、116.39051)にしました。
公表されている面積とGoogle Mapでの航空写真との大きさが
大分違っているような気がしますね…

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*