新年のご挨拶

正月飾り

謹賀新年

 

 旧年中は格別なご高配を賜り、誠にありがとうございました。

 顧客の皆様をはじめとして、業務パートナーの方々、レンタルオフィスのアステリVIPスタッフの皆様、そして、社員を支えてくれているご家族の皆様、その他、お世話になった全ての関係者の方に深く感謝いたします。

 また、先の大震災で被災された皆様には心からお見舞いを申し上げるとともに、被災された地域の一日も早い復興を祈願いたします。

 未曾有の災害にさらされた昨年は、情報通信技術の無力さと必要性の双方を強く感じさせられた年でした。
通信がつながることのありがたさ、情報が正確にわかりやすく伝わることの大事さを思い知らされました。

 そんな中、弊社は引き続き研究機関向けの研究開発サービス事業を推進して参りました。周波数の利用効率を向上させる異種無線制御技術や、複雑化するネットワーク運用の負荷を軽減させるためのネットワーク仮想化技術の研究開発を、主に支援させていただきました。こうした支援が、通信をつなげる技術の向上の一助になれたなら幸いです。

 さらに、研究開発サービスの一環として技術をわかり易く魅力的に伝えることを目指して取り組んできた「科学技術コミュニケーション」分野の調査研究に関し、『技術表現研究所』という研究組織を正式に立ち上げました。今後は本研究所を通じて、研究成果や先端技術を社会にわかりやすく発信するための方法論を探求していきたいと存じます。

 そして、顧客である研究者の皆様の想いを形にする技を一つでも多く手に入れるべく、社員一同、新技術の取り込みにも注力しました。
先端技術調査と試作開発の継続的な実施、定期的な社内勉強会開催によるノウハウ共有、また、新たな知見を得るための社外コミュニティーへも精力的に参加して参りました。その成果の一部は、弊社ブログに掲載したほか、オープンソースプロジェクトや、外部機関向けの講座などを通じて公開しております。

 本年は、いままで積み重ねてきた情報通信技術や技術表現のノウハウを、新規顧客に向けても積極的に展開していく予定です。
弊社が最も得意とする分野の一つである有無線通信制御技術は、スマートグリッド分野や次世代エネルギー分野などに適用していきたいと存じます。
 技術表現研究所における調査・研究の成果は、弊社サービスに活用するだけではなく、科学技術コミュニケーション分野の伝えるスキルの一つとして関係者が広く利用できるように積極的に公開していきます。

 本年もよりいっそうのご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 皆々様にとりまして、新しい年がより幸の多き年となりますようお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

平成24年 元日
株式会社ビットマイスター
代表取締役 笠原勉

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*