“プロトタイプ工房”を利用した 「ものづくり人材」育成支援プログラムに参加してきました

芝浦工業大学主催の『“プロトタイプ工房”を利用した 「ものづくり人材」育成支援プログラム』に参加してきました。

2014年11月から2015年2月までの4ヶ月で芝浦工業大学の先生や学生、参加企業の方々と協力して、グループ毎にプロトタイプを作成していくといったプログラムです。

私が参加したのはM2Mシステム技術を活用したプロトタイプを作成するグループでした。
プロトタイプは話し合いの結果、学生が研究しているものを別のことにも応用できるだろうという結論に至りました。応用するにあたり必要になる機能の検討、設計を技術的な部分は主に学生、アイデア部分を主に企業が出す形で進んでいきました。学生の研究を別分野の企業の方の視点から見ると、面白いアイデアが出てきて参考になりました。
私はというと、、、仕事内容が近いため、どちらかというと学生の視点になってしまい、技術的な部分が気になってしかたありませんでした。
月に1,2回のペースのため、すべてを期間内に終わらすことはできませんでしたが、次回も引き続き行われるそうなので完成はそのときになりそうです。

学生が論文の準備で忙しい中、物品の選定や購入、資料の作成等精力的に動いてくれたことに感謝しています。

プロトタイプ

http://www.shibaura-it.ac.jp/event/2014/80140020.html

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*