Silverlight 2.0 を触ってみた

Silverlightとは、Microsoftが開発した、Webブラウザのプラグインとして動作し、より優れたユーザーエクスペリエンスを提供するアプリケーションフレームワークの名称のようです。

2009年3月にはSilverlight 3.0のβ版が出たようですが、
まだ、Silverlight 2.0すら触った事がなかったので、
Silverlight 2.0を使って、相関分析をするプログラムを作ってみました。
Silverlightをインストールしていない場合は、インストールしてください。

以下はプログラムの説明です。

  1. このプログラムは入力されたデータを分析し、各データ、相関係数、単回帰直線をプロットします。
  2. 分析対象のデータは、Row Data欄に表示されているものです。
    ※今回はお試し版ということで、サンプルデータが入っています。
  3. Row Data欄にデータを追加するには、データ追加のName、Data1、Data2にデータを入力し、下の追加ボタンを押してください。
    ※Data1、Data2には-100から100までの整数を入力してください。
    ※データ数が2以下の場合は分析しません。
  4. データを削除するには、削除ボタンを押してください。
  5. データの入力が終了したら、表示ボタンを押してください。
  6. マウスカーソルを各データに合わせるとデータの詳細を、回帰直線に合わせると相関係数と単回帰式を表示します。

デザインやアニメーションを作成するにはExpression Blendというものを使用するのが良いらしいですが、今はまだ手が出せませんでした。
今後は、分析したデータをサーバーに保存して、他の人が分析した結果も閲覧できるようにバージョンアップする予定です。その他、ご要望があれば追加できるかもしれません。。。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*