WiFi NFC App を公開しました

tap-to-connect

WiFi 接続設定を NFC でやりとりする規格を Wi-Fi Alliance が策定していて、一部の Android スマートフォンでは既に何のアプリもインストールせず、かざすだけで WiFi 接続設定が終わるんですよ。わたしこれに感動しまして、ついては iPhone でもぜひほしいと思った次第です。で、作っちゃいましたので要点をまとめます。

アプリから WiFi アクセスポイントの接続設定を行う

とにもかくにも、アプリから WiFi 接続設定ができなければお話になりません。iOS 10 以前では、プログラマブルに WiFi アクセスポイントに接続することができず、どうしてものときは以下の手順が必要でした。

  1. WiFi アクセスポイントへの接続設定を記述した構成プロファイル( XML ファイル)を用意する。
  2. アプリ内で Web サーバを起動して構成プロファイルをダウンロードできるようにする。
  3. アプリから Web ブラウザに遷移させ、 localhost の構成プロファイルをダウンロードさせる。
  4. 設定アプリに遷移するので、構成プロファイルのインストールを完了する。

とんでもなく筋の悪い方法です。当時、調べたときには絶望しました。

しかし、iOS 11 で大きな変化があり、 NEHotspotConfigurationManager によって WiFi 設定がプログラムから行えるようになりました。これにもいくつか罠がありまして、みなさまに共有しておきたい事柄としては、 iOS では接続中のアクセスポイントの SSID がアプリから取得できないので、意図したアクセスポイントに接続できたかどうか明示的にはわかりません。なので、エラーが発生せず WiFi 接続できた(切り替わった)ことをもって、成功したとみなすより他ないです。もうひとつ、アプリを消すとそのアプリで設定したアクセスポイントの設定も消えます。接続したあと、よかったよかったと思ってアプリをアンインストールすると接続できなくなります。

とはいえ、iOS 10 以前に比べて遥かにまともになりました。

NFC タグの読み込み

執筆時点で iPhone 7 以降に発売された iPhone はすべてNFCが使えます。 iPad と iPod touch では使えません。対応している iPhone でもできるのは読み込みだけで、書き込みはできません。なかでも書き込みできないというのが一番残念で、このアプリで書いたNFCタグをこのアプリで読めればエコシステムが完結できるのですが、タグの書き込みには Android の NFC ライターアプリが必要です。とはいえ書き込まれた WiFi 接続設定を読み込むことはできます。

審査に通るのか

この手のアプリがほとんどなかったので、審査に通るのかまで確認したかったことも開発した動機の一つです。 WiFi 接続設定や NFC の読み込みにあたり、なにか指摘されるかと憂慮していたのですが、特別なことを訊かれることもなく審査を通過しました。デモビデオはこちら。

多言語対応

今のところ英語のみです。ボタン 1 つの UI なのでとくに迷うことはないとは思っているのですが、今後のアップデートでローカライズも入れようと思います。

NextEPCを使ってEPCを構築する(ビルド編)

弊社は、「研究開発ITサービス」を行っているため、様々な実験システムに触れる機会があります。
その1つに、他社製のEPCとeNodeBが使用されているシステムがあり、このEPCではOpenEPCというソフトウェアが採用されていました。

OpenEPCの調査を続けているうちに、github上でソースコードが公開されているNextEPCというプロジェクトの存在を知り、各ノード間のインタフェースが堅持されているのであれば、もしかしたら比較的単純にNextEPCに置き換えられるのではないかと思い始めました。
そこで、既存システムのEPCをNextEPCに置き換えるべく悪戦苦闘したので、その内容を残しておきます。

Continue reading →

新年のご挨拶

謹賀新年

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
お客様、業務パートナーのみなさま、社員のご家族、お世話になったすべての関係者の方々に深く感謝申し上げます。

「研究開発支援サービス」の提供も10年を超えました。リピート率の向上に伴いお客様の要求も年々高くなっております。理論検証のための分析・計測用アプリケーション制作やシミュレーションソフトウェア開発だけに留まらず、研究発表を始めアウトリーチ活動までも見据えた効果的なデモンストレーションシステムの提案までをトータルで期待されることが多くなりました。
さらに研究プロジェクトの大型化、関係者の増加により、弊社メンバが全体調整的な役割を担うことも増えました。技術面に加えてプロジェクトマネジメント面での支援を強く求められていると感じております。
本年もより多くの要望に応えられるように社員一同、知識と技に磨きをかけていく所存です。

併せて、受託開発で培った技術は、自社プロダクトにより社会に展開していきます。
今年度もさいたま市のイノベーション技術創出支援事業に採択された研究開発を埼玉大学様と県内企業様と共同で実施しています。昨年度実施した自社プロダクトであるミュージアム向け展示解説アプリ「muBe」を活用したアプリ版の発展形として、今回はサイネージを利用した避難誘導システムを開発しました。今後は実証実験を重ね、実店舗への設置を目指します。

加えて、創業来続けてきた各種研究コミュニティ支援事業から一歩進めて、若手の研究者を直接応援していくような事業を他の支援企業様と協業して取り組んで行く予定です。

こうした新しい施策を通じて研究開発支援サービスをより充実したものにしていけたらと存じます。

より一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、本年もよろしくお願い申し上げます。

皆々様にとりまして、新しい年がより幸の多き年となりますようお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

株式会社ビットマイスター
代表取締役 笠原勉