新年のご挨拶

謹賀新年

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
お客様、業務パートナーのみなさま、社員を支えてくれたご家族、お世話になった関係者の方々に深く感謝申し上げます。

昨年は、次世代の通信規格である5G(第5世代移動通信システム)関連研究プロジェクトの可視化システムを利用した研究発表支援、革新的ネットワークプロジェクトの実験構築・制御自動化に資するソフトウェアの提供、広域防災ネットワークを支えるLPWA(Low Power, Wide Area)研究システムの実証実験へのツール開発等、情報通信関連の研究機関様の研究支援を主に実施してまいりました。
また、BtoB企業様からも多数お声がけいただき、新規サービス向け技術調査や、RPA(Robotic Process Automation )の導入支援を行いました。

本年も引き続き、これまで培ってきた研究開発支援ノウハウやソフトウェア技術を、大学・研究機関だけでなく、一般企業様に向けた、PoC支援、技術調査等のサービスにも積極的に展開していきたいと存じます。

研究コミュニティ支援事業に関しては、従来のコミュニケーションサポート支援に加えて、学術系クラウドファンディング事業者様を通じた新たな研究者支援サービスを始めました、今後も他の学術支援企業様と協業ネットワークを構築し、研究者を様々な面で応援できるような事業を推進していく予定です。

本年も、研究開発サービスの提供を通じて科学技術の発展と普及に寄与し、お客様の事業の振興に貢献できるように、社員一同、技術に磨きをかけていく所存です。

よりいっそうのご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

皆々様にとりまして、新しい年がより幸の多き年となりますようお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

令和2年1月
株式会社ビットマイスター
代表取締役 笠原 勉

新年のご挨拶

謹賀新年

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
おかげ様をもちまして8月には創業10周年という節目を迎えることができました。
お客様、業務パートナーのみなさま、社員のご家族、お世話になった全ての関係者に深く感謝いたします。

当社が提供する「研究開発支援サービス」は、情報通信技術研究の試作ソフトウェア開発をベースに、新規アルゴリズム検証、実験用アプリケーション提供、研究成果のアウトリーチ支援、研究コミュニティのWeb運営、学術研究プロジェクトのIT化支援まで、研究者の皆様の研究活動を幅広くサポートして参りました。

本年も継続・新規合わせて多くの研究プロジェクトに携わらせていただく予定です。

このところは民間企業の業務部門からも相談を受ける機会が増えて参りました。導入予定の技術の先行調査やOSS(オープンソースソフトウェア)の事前検証等が多いです。研究の構想段階から社会実装までを見越してオーダーメイドでソフトウェアを組み上げていく中で積み上げてきた各種ノウハウが民間企業のビジネス創出の一助となれれば幸いです。

また、県内企業様と一緒に取り組んでいる埼玉大学様との産学官連携プロジェクトの一部がさいたま市のイノベーション技術創出支援事業に採択されました。昨年来、弊社が提供しているミュージアム向け展示解説アプリ「muBe」を地域防災にも役立てるべく本年2月より県内の実際の施設を使って導入検証を進めて参ります。

中期計画に掲げている、“新たな技術領域への挑戦”、“新たな顧客の開拓”、“新たなサービス形態の創造”を一歩一歩進めております。

一方で、多数のご依頼により、サービス提供までのお時間をいただくことが増えてきています。
本年は、事業のより一層の効率化を図ると共に、新規採用やパートナーとの協力体制を強化し、一つでも多くのご依頼に応えられるように創意工夫をしていきたいと存じます。

本年も引き続き、お引き立てとご愛顧のほどよろしくお願いし申し上げます。

平成30年1月
株式会社ビットマイスター
代表取締役 笠原 勉

新しいChromeのローカルファイル参照時の動作

Chromeがバージョンアップしましたね。
Chromeは自動でアップデートされるので、さっそく私も新しいChromeを使っています。(この記事の執筆時点でのバージョンは5.0.375.55です。)
で、その新しいChromeでちょっと引っかかったところがあったので、メモしておきます。(結論から言うと、Chromeの新しい仕様のことなんですけどね。)
Continue reading →